葬儀の服装について

最近では知らない人の方が多いのですが葬儀に参列するときの服装には正式喪服と略式喪服の2つがあります。正式喪服は主にご遺族、親族の方々が着る喪服で和服などによる喪服姿です。

略式喪服は今の葬儀喪服の主流となっておりフォーマルスーツのブラックや紺色で葬儀、通夜に参列する服装です。今では親族、ご遺族もフォーマルスールで参列するので喪服といえばこちらの姿を思い浮かべる人が多いでしょう。

現代の日本では着物自体を着ることが少なくなり成人式で紋付き袴、振り袖を着るくらいですが、かつては葬儀でもTPOに合わせた喪服を着るのが礼儀でした。現在は略式喪服の常識さえも分からない人達が増えていて喪服に派手な金時計で参列する、マニキュアを落とさずに参列する人を多く見かけます。

わざとではなく教わる機会がなかったのでトンチンカンな服装で葬儀に参列しているだけなのです。当サイトは喪服の服装と葬儀のマナーについて説明しています。サイトタイトルにあるも葬儀にあったアクセサリーについても解説しているので参考にしてみてください。

お葬式、お通夜ではピンキーリングは外すべき?

女性の方に多いのがピンキーリングなどのアクセサリー類を外すべきかどうかという質問です。 ピンキーリングは小指で目立たないリングですが、やはりお葬式、お通夜ではピンキーリングは外すべきでしょう。
ピンキーリング自体は「恋」や「愛」など、どちらかというとおめでたいことを意味することが多いので お葬式など悲しい行事に参加する際は、故人にも失礼ですし、自分の運気も逃げてしまうこともあるかも!?

近年はピンキーリング人気ブランド特集などでも特集されている ピンキーリング。流行だからといっても、お葬式、お通夜では外すべきでしょう。

お悔やみの言葉の注意点

あまり知られていませんが、お悔やみの言葉では、使ってはならない「忌み言葉(いみことば)」があります。
忌み言葉は、主に「重ねがさね」、「度々(たびたび)」、「益々(ますます)」など繰り返しを意味する言葉で、不幸が繰り返す、不幸が重なるといったことにつながるので、葬儀の場では使わないようにします。

礼儀に厳しい方の前で忌み言葉を使うと窘められることもあるので気をつけてください。現代の方の中には忌み言葉を知らない人の方が多いかもしれませんが知っておいて損のない礼儀として憶えておくとよいでしょう。

記事一覧

喪服とは
正式喪服の正しい知識と略式喪服の正しい知識の両者の違いについて

通夜の服装
通夜に参列するときの服装は正式喪服がいいのか?略式喪服でいいのか?

葬儀・告別式の服装
葬儀、告別式に参列するときの服装、喪服で避けるべき色、小物などの常識

葬儀のアクセサリーについて
葬儀で身につけてOKなアクセサリー、小物と着用を避けるべきアクセサリーなど

喪服の値段について
喪服の値段と買い替え時期について、喪服の流行りとスタンダードなデザイン

葬儀でのマナー
葬儀に関する礼儀について、ご遺族への対応、弔問の礼儀、非常識な葬儀マナー

葬儀でのNG
葬儀でのマナー違反、ルール違反、非常識な対応をすると周りからの評価も落ちる葬儀マナー

葬儀前のNG行為
葬儀でのマナーについて、葬儀前、葬儀中、葬儀後の非常識なマナーや対応の解説

故人との対面方法
葬儀、弔問で故人と対面するときの作法、ご遺族への対応とお悔やみの作法